忍者ブログ
 
 
[60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

トンボロ
以前から行ってみたかった神楽坂のトンボロという「喫茶店」に行ってきた。
お店の雰囲気、マスター夫妻、お客さんの感じベスト。
正解の喫茶店である
良くぞ生き残ってくれていたという感じ。
メニューを見ると
モカマタリ
キリマンジャロ
スペシャリティーの域ではない事は明白
開口健に久々に合い、彼の表現の世界にどっぷり漬かる
昭和を思うには最高のシチュエーションである

ブレンドA
不思議な感じである
口当たりがソフトで
美味しい
酸もあるが、コクがなく余韻は軽い
昔のカンロ飴を思わせる
懐かしさを
温かさでクルでいる
今ですらなんとか商社や問屋から
シングルエステートで出回っているものも手にはいるが
昔は正直、レベルのいい豆なんて、そう簡単に手に入らないのだから
ローストとブレンドと抽出で勝負するしかない
さすがである
感心は
最近フレンチロースとは
焦がされてしまっているものが多く
豆の苦味ではなく
コゲの苦味が強いのがほとんどであるが
マスター、分かってますね
とてもクリーンでした。

モカマタリ
スペシャルティーにはまってから
モカマタリはスペシャルティーの域ではないので
飲む機会を失っていた。
味も分からなかったあの頃の印象と
多少訓練された今と
どのくらいの隔たりがあるのか。。

香り、口当たり
ナチュラル(天日干し)独特の
果肉臭がまったりと絡む
残念ながら
このねっとり感は
世界評価ではまったく2分である。
日本でもまったくである
私はずるい立場で言うと
両者の言い分に大きくうなづけてしまう
日本人はハマリソウ
ただやっぱり余韻がもう少し欲しいかも
でも、これ以上ローストしたり、
ゆっくり入れたりすると
折角のクリーンで滑らかな口当たりが消えてしまうかな。

評判どおりいいお店でした。
青山の大坊を思い出しました。

帰りに某豆やでマンデリンを買う
ちょうど堀口の豆を切らしてしまったので
帰りに美味しいと評判の豆やで
看板のマンデリンのフレンチを購入
結果は。。。

焦げてました。。。残念。。

以前マスターがネルで入れてくれたのは最高だったのに。。
豆の色で大体察しがつきました。。
この時期、
ちょうど豆の年度末で
新豆の入荷待ち時期
ようは今の豆のほとんどが
1年前に購入したものの可能性が強い
もちろん風味は厳しいし
強く煎りたい気持ちは分かりますよ。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[03/02 NONAME]
[06/22 NONAME]
[07/22 イシ]
[11/30 boss]
[11/28 shohei]
最新記事
(09/01)
(04/28)
(04/03)
(03/30)
(02/17)
最新トラックバック
早稲田の定番カフェ ULTRACAFEとnorari:kurari のスタッフによる ブログです。
HN:
ULTRA
HP:
性別:
非公開
アクセス解析
忍者ブログ [PR]