忍者ブログ
 
 
[61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

珈琲味覚訓練プログラムⅣ
今朝
ケニア産のキアンジアル農協の珈琲を飲んでいる
ケニアはジューシーで
質の高い酸が特徴
とてもクリーンで
後味も心地よい
ようはうまい
しかしこの酸が私には
鬼門のようである

コロンビア
【ティピカ・ブルボン・カツーラ・混合種・スプレモ】

スプレモ
劣化していた
スプレモとは
品種ではなく

輸出規格
スプレモとエクセルソ
スクリーンサイズの大きいほうがスプレモ
品種は曖昧である
酸はあるが品位に欠ける

カツーラ
可もなく
不可もなく
個性や刺激に欠けるが
コロンビアは
すっきりしたものなので
違和感はない

ブルボン
少しまろやかでまったりしてるのかな

混合種
内訳は
ティピカ70% カツーラ30%
混合という先入観から粗悪なイメージがつきまとう
上質なティピカ種はすばらしいコクとまろやかな酸を生んでいた
ラテバラ農園
恐らく入荷するのかな
楽しみです

ティピカ種
すばらしい酸と
爽快感
私は個人的にラテバラのほうが気に入った
困惑させられる

セントラルアメリカ
【ガテ・ガテ・ガテ・ニカラグラ・コスタリカ】

ガテマラ
特徴は
華やかな柑橘系の酸
まろやかなコクが特徴
とてもクリーンでバランスもいい

その中でもアンティグアは良質
今年は特にいいと聞いているので楽しみです
この中では
アティトゥラン産がすばらしく感じた
恐らく初めて接した地区のもの
まろやかさを強く感じた。

コスタリカ
パルプドナチュラル
ハニー珈琲と呼ばれる
華やかな酸に
クリーンで爽快
気持ち後味に濁りが
評価はかなり高く今後購入できるかも
楽しみ

ニカラグア
マラゴジュテ種
スクリーン20以上
これとパカス種の配合種がパッカマラ
良いかと思いきや
たいしたことはなかった

07-08クロップ アフリカ
【マラウイ・ルワンダ・ケニア・ケニア・タンザニア】
アフリカ全般に共通の華やかな酸でクリーンな上質なものでしたので
大変難しいものでした。


ケニア
柑橘系のジューシーな酸が特徴
とてもクリーンで
バランスのいい
最高なものでした

ムシャガラ農園
酸の華やかさが飛びぬけていて
すばらしい

ムロタ農園
まろやかさがあり
ジューシー

タンザニア
ブラックバーン農園
ブルボン・ケント種
ケニアに
けして引けをとらない
すばらしさ
ほんの少し
重たい感じがあるのか?

ルアンダ
ブルボン
酸とフレーバーが
すばらしい

マラウイ
酸がすばらしい
本当にバランスもいい








拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[03/02 NONAME]
[06/22 NONAME]
[07/22 イシ]
[11/30 boss]
[11/28 shohei]
最新記事
(09/01)
(04/28)
(04/03)
(03/30)
(02/17)
最新トラックバック
早稲田の定番カフェ ULTRACAFEとnorari:kurari のスタッフによる ブログです。
HN:
ULTRA
HP:
性別:
非公開
アクセス解析
忍者ブログ [PR]