忍者ブログ
 
 
[38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

行ってきました。
珈琲のトラの穴。
「お前の味覚はくそだ」プログラムへ。
そう、へこみに行ってきました。

カッピングという儀式が珈琲にはあります。
おいしい珈琲に感謝し、太陽の恵みに感謝し、母なる大地に感謝し。。。
まず、カップに入れた混ざり気の無い単一の豆の粉のかおりをくんくんと嗅ぎます。
それは華やかであればあるほど、すばらしい評価をします。

(あ、おふざけはこれぐらいで。ようはテイスティングですよ。
ワインで言うソムリエの訓練みたいなものです。)

そこへ熱湯を注ぎ、4分蒸らし、そしてまたアロマ、フレグランスのチェックをします。
表現は何でもいいのでは。
ワインの表現を利用するといいと思います。
ショコラ、柑橘っぽい甘い香り。花の蜜のかおり等。
かおりをチェックしたら、灰汁と浮いている粉を取り除きます。
そして、今度は味のチェック。
スプーンでズズズ。
カッピングのフォームは
「スペシャリティー コーヒー アソシエーション オブ アメリカ」
かっこいく言えば SCAA カッピングフォームを使っています。
チェック項目は香り、フレーバー、アフターテイスト、酸味、ボディー、バランス、自分の気に入り度です。
100点満点で点数をつけていきます。

そんなことを今日はブラインドで。
生産国あてと点数付け。
三種類4セット。+1.
13品目達成です。
最後は舌がしびれて、雑味を感じてしまう始末。撃沈です。

第一セッションに魔物は潜んでいました。
今まで月に1回、テイスティング会に参加し、何種類も味わってきましたが、
まあ、折角覚えて。
一ヶ月で忘れて、、
また思いだして。。。
それでも、やはりスペシャリティーコーヒーのカッピングということで「まずい」コーヒーはほとんど無かったのですが。。。
いきなりきました。「美味しくない」ものたちが。。。
これで全て狂いが生じ、最後まで取り戻せずです。

1.コロンビア スプレモ 70点台
はじめに香りのチェックから入るが、華やかでフルーティーだったので、期待していると
全体的にぼやーけていて、そこで68点そこそこと見限る。
香りで大体の予想を付けてしまうので、
ここまで香りと味の差を感じてことがなかったので、これも引きずってしまう。
コロンビアの特徴はグラスっぽさ。日本語で草っぽさ。
青さを感じることがコツのようだ。
スプレモは主にバリエダコロンビア種+ロブ

2、ガテマラ SHB 70点台
これは香りも重くうすく、味も含めのっぺりとしていた。
ガテマラは甘く心地よい柑橘系の酸があるはずだがのっぺりとしていて話にならない。

3、エチオピア ナチュラル モカハラー G4 70点台
これが一番わからなかった。
ナチュラル特有の醗酵臭もよわかったし、
それを感じることができないくらい弱っていた。

4、マンデリン G1 カチモール 80点以下
この他があまりにもひどかったので、高得点を付けてします。
キャラクターなしというが。。
感じてはいけないものを感じてしまう。いやーん。

全体的にあわ立ちの段階で油分の多さをみて感じた。


第二セッション スペシャリティー達

1、ケニア 84点
クリーンで華やか。
ボディーも粘性もあり、柑橘系の甘みと酸味がしっかりとあります。
ケニアの特徴は「華やかさ」

2.エチオピア イルガチェフ 85点以上
私の中で、エチオピアのイメージが余りよくなく、
あまり得意でないものでしたので、びっくりしました。
「あれ、エチオピアってこんなに華やかだったんだー」
点数は付けられましたが、国は大はずし。
バランスがよく、ボディーがあり、ビターチョコと甘い柑橘系の酸。
絶妙。

3.ガテマラ 83点
マイルドで酸がしっかりしている。


第三セッション

1コロンビア ブルボン種 80-83点
グラスっぽい。林檎の酸
明るい
コロンビアは品種が混在
ティピカ種はもっとグラスっぽい

2、ブラジル 81-83点
これだけどんぴしゃでした。
ブラジルの特徴
酸がない。
ボディーはあるが、酸がない。
にごり、雑味。
トーストこげた感じ。

3、ルワンダ 85点
アメリカ人はいう「ワォー。チェリー。フォー。アオー。イエス。」
ショコラを感じた。


第四セッション 世界最高たち 90点クラス

1.悩殺ミスティーバレー
あんなに絶賛していて、私はずしました。
ワールドカップの柳沢のように。
レッズを破りながらJ2落ちしたカズのように。
「え!これはずの。。。」
「いきなりボールがきたから。。」
「いきなりミスティーきたから。。。」
なんか卑猥。。そんなこと無いですよー。
なんで雑味を感じたのか?
あ、今ならQuneで絶賛発売中。

2リントンマンデリン
おいしい。明日のんで反省します。
あ、うるとら、のらり、Quneで絶賛発売中

3、パナマ ゲイシャ種
幻です。

撃沈でしたが、いい刺激と
「しっかり勉強」する気になりました。
ということで
グラインダーとプレスを買って帰りましたとさ。




拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
味わいます
時々、Qune&のらりによらせていただいております。ミスティーバレーものらりで「うまー」と味わいました。これからはQuneでもいただけるんですね。うれしいです。それにしても、こんなにすごい修行をされているとは。すげー。ちょっと感動しました。これからも、しみじみ飲ませていただきます。
とおりすがり 2008/01/21(Mon)01:48:25 編集
どうもです。
コメントありがとうございます。
何気に飲まれていても、うるとらグループの扱う珈琲はおいしいと感じていただけていたのでは。
世界でも最高の豆にこだわっていきますので、お楽しみに。特にのらり、Quneは珈琲好きのスタッフが集まっていますので、チェックしてみてください。
うるボス 2008/01/22(Tue)01:27:22 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[03/02 NONAME]
[06/22 NONAME]
[07/22 イシ]
[11/30 boss]
[11/28 shohei]
最新記事
(09/01)
(04/28)
(04/03)
(03/30)
(02/17)
最新トラックバック
早稲田の定番カフェ ULTRACAFEとnorari:kurari のスタッフによる ブログです。
HN:
ULTRA
HP:
性別:
非公開
アクセス解析
忍者ブログ [PR]