忍者ブログ
 
 
[17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

必死であること。がむしゃらであること。全力で生きること。熱いことは格好悪いことだろうか?のらりくらりでの上映会。映画作りに情熱をかけた男の映画は、生きてるうちに天国を作ろうという、無理を成し遂げるドキュメンタリーである。実はこの映画、私が見るのは2回目である。一回目はうるとらカフェでの上映会である。

何故かこの映画、節目に私に問いかけてくるようだ。一回目はうるとらをオープンし、一緒にやってきたスタッフが現実を受け止められずに去って、私一人、孤独の中にいた頃である。この映画の監督である「てんつくまん」が語るメッセージカットの中に「あなた本当に限界なの?」と問いかけが出てくる。これは借金がかさみ、自分の夢に多くの仲間を巻き込んだ後悔の中、昔の彼女が彼を助けてくれた言葉である。私は限界ではなかったが、何か吹っ切れたのを覚えている。そして、いつの間にか熱く夢を持った仲間に囲まれていまに至っている。今回ものらりくらりをオープンし、ちょっとした人生においての疑問を感じている最中である。まあ、くだらないことであるが。

この映画は見たいと思う人たちがお金を出し合って、場所を確保し、映像を借りて試写会を行うものである。そんな手間のかかること。そんなんしてまで見るやつがいるのか。。。いるのです。いっぱいいっぱいいるのです。背中を押してほしい人が溢れている。夢を恥ずかしいのか、自信が無いのか、でも、みんな夢中で、涙を流す。夢中である。何かしたいのだろう。そして、彼らの何人かは何かをするに違いない。私は才能だけで生きている人間が好きではない。努力は生まれてきた以上当たり前である。彼らを応援したい。

私もそうであったが、人は知らず知らずに「壁」を作る。超えるのが怖い壁である。しかし、超えてしまえばそう怖いものではない。何でもできてしまう。できると想像できることは出来てしまうものなのです。そういうことを教えてくれる映画です。

感動しいの私ですので、感動しました。また、節目で会いたいです。

 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[03/02 NONAME]
[06/22 NONAME]
[07/22 イシ]
[11/30 boss]
[11/28 shohei]
最新記事
(09/01)
(04/28)
(04/03)
(03/30)
(02/17)
最新トラックバック
早稲田の定番カフェ ULTRACAFEとnorari:kurari のスタッフによる ブログです。
HN:
ULTRA
HP:
性別:
非公開
アクセス解析
忍者ブログ [PR]